“The egg yolks featured throughout his work pay homage to his family name and are part of a gigantic collaborative body of work that will span one lifetime with several books, objects & installations in the works.” 

















Portfolio I

Portfolio II

Film



/



海女 - Women of the Sea

Yolk



/



Dotter was born in Bamberg, Germany on April 16th 1993. He currently lives and works as a visual artist focusing on the mediums of photography and film between Berlin and Tokyo.

In 2012 he founded the interdisciplinary culture publication Whitelies Magazine, positioned as a cultural and visual dialog between the Asia-Pacific and what we perceive as the west. He currently runs the magazine from the position of Editor in Chief of the publication, which has published 9 issues so far. 

In spite of his versatility, Stefan Dotter’s work is especially captivating because of its uniform writing, minimalist formal language and simple aesthetics, often drawing from Japanese influences. His series’ read like the continuous documentation of a precise and aesthetic view of the world, like the constant observation through the lens of an ingenious autodidact.

/

ステファン・ドーターは1993年4月16日にドイツ南部の町、バンベルクで生まれました。彼は現在、ベルリンと東京の二つの都市を拠点にしていま。すステファンは2019年から国連のコンサルティング事業を担当しており、アフガニスタンでUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)や,エシカルな試みをしているファッションブランドとコラボレーションを行なっています。


彼は幼い頃からアートに囲まれた環境で育ちましたが、学生時代にウィーンに滞在した時にあらためて、クリエイティブな分野の探求を始めました。2012年には自らが編集長として、カルチャー誌『Whitelies』を創刊。これまでに8号を出版しています。『Whitelies』では、新しい才能を紹介し、写真表現の探求を試みています。


その多様な才能だけでなく、統一されたミニマルで正確な言語感覚、そして日本から影響を受けたシンプルな美学が特に彼の魅力です。彼の作品はレンズを通した観察のように、正確で審美的な視点による継続的なドキュメントです。


































© Stefan Dotter, 2022